クレジットカード
hari ini
di rumah
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
あっぷあっぷ / 追記:片付け上手に変身?!
おはようございます。

東京、晴れてます。
予想最高気温24℃です。

じつは、すごーく忙しい状態が続いていまして、たぶん、この調子でいくと長く続きそうなのです。
で、とりあえず毎朝写真だけをアップしていき、気が向けば後で追記したいと思います。

写真は、5/7分の朝ごはんです。 8日、きょうはフルーツグラノーラでした。

朝ごはん雑誌アンアン神戸のお菓子


---
中央の写真は、年末のアンアンの記事です。
この時期に年末の本を読むと、なんだか気持ちが新たになったりするー(笑)

『片付け上手に変身するためのアイデア』と題して・・・


1)部屋の写真を撮る

写真は客観的な視点で見るのにとても役に立つとのこと。
片付けられないADHDの特徴として、空間にどれくらいのものが入るか認識する力が弱い人が多い。
---
ブログにアップするには勇気がいるけど、客観的になれる。
家計簿をつけることと似ている。


2)帰宅してもすぐには座らない

面倒なことは帰宅と同時にすべてやってしまう、休んでしまうと動かなくなるおそれあり。
---
確かに。これは実行してたりする。


3)玄関にハサミとゴミ箱を置く

必要のないDMなどはすぐ処分。
---
うちは下駄箱の中に紙ゴミ入れをおいてます。重宝しますよ。


4)テーブルのスペースを半分空けてから外出する

いつも使う場所だからここだけでもすっきりしていると気分が違う。
---
リビングのテーブルは出来るだけ片付けしてるけど、自分のテーブルはいっぱいぱい(^^;;


5)片付けの日は決めるが、目標は立てない

真面目な人ほど最初から完璧にやろうとするあまり途中で挫折してしまう。
---
自分のことだべ(笑) けど、寝る前は一応片付けしてからと思うけど、疲れてたら散らかしたままにしてるしーってことは、不真面目なのか、本当はー(笑)


6)“物を飾る”という意識は捨てる

部屋が少し片付いてくると、ついやりたくなるが・・・
インテリアに凝るのは、荷物を限界まで減らすことができ、本当に生活に必要なものだけを厳選できる目が育ってきたところで初めてで考えること。
---
飾るのは、花ぐらいかな、うちの場合。
なんか、もーそのへんを考えている余裕ないな、最近は。


7)茶道や華道を習う

茶道や華道は無駄を極力排したなかでの美を追求した世界、シンプルな暮らし方を学べる。
---
ほんのちょっとしか習わなかったけど、わかる気がするな。


8)週末に友達を部屋に招く

行動を起こさないタイプ向き。
---
忙しくって招くひまない。まわりも忙しくて来れない(^^;;


9)片付けはキッチン&バスルームから始める。

片付けのモチベーションを上げる最適な場所。
必要なもの不必要なものが区別しやすい場所。
---
そうだね、お掃除のプロ沖幸子さんも最初は水周りから・・・と本に書いている。


10)きれい好きな友達の部屋に行く

おしゃれな部屋は、縁が遠すぎて現実感がわかないが、身近な人の実際の暮らしている部屋であれば、発奮材料にもなる。
---
そうだね、これは自分にとっては効果的かな。


11)買ったものを手帳に記録する。

片付けられない人は、記憶が抜けやすく、ついこの間買ったことを忘れてしまうケースも少なくない。
整理整頓ができてないことで、持ち物を正確に把握できない。
---
これも家計簿をつけることと似ている。



***
右の写真は、神戸の知人からいただいた洋菓子が入っていた缶。
神戸にあって東京にないものらしい。
わざわざ探して送ってくれた。
毎回、毎回、気を遣わせてしまってますが、嬉しかったです。
ありがとう!

テーマ:朝ごはん - ジャンル:グルメ

[2008/05/08 11:49] | 朝ごはん | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<小豆かゆ | ホーム | 5/6分 朝ごはん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://5han.blog62.fc2.com/tb.php/1038-f9ad95b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
おっと、こんな時間ダヨ!

最近のエントリ

過去ログ

読み返したいMyエントリー

カテゴリー

プロフィール

婆や

Author:婆や

ブログ検索

Blog更新率

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。