クレジットカード
hari ini
di rumah
汐留・日本テレビ 映画「20世紀少年」とか...「崖の上のポニョ」とか...
こんばんは、きょうもお疲れさまです。

先日、お台場、その通りがかりで汐留へ行って来ました。
お台場は、フジテレビがあるところで、最後のお台場冒険王が開催されています。

日本テレビ前・20世紀少年ゆりかもめから大江戸線に乗り換えるため汐留で下車して、ついでに日本テレビの方へ足を運んだら、8月末に封切られる予定の映画「20世紀少年」のモニュメント?が飾られていました。
ほとんどの人が日本テレビとスタジオジブリのからくり時計の前に集まっており、像は無視され2人のおばちゃんの腰かけ椅子に変身しており、ちょっと笑えました。

映画「崖の上のポニョ」を観る前に予告が上映されていて、唐沢寿明が出演しているので気になっています。
全部で二十数巻あるコミックですが、知人の話によると悪くないようなので、20世紀少年BOX を購入し、読み終わったらオークションでバイバイしようかなと思ってます。

追記は、観てきた「崖の上のポニョ」


---
旦那が評判があまりよくないらしいと言っていた「崖の上のポニョ」を観てきました。

ストーリーがシンプルで、大人が物足りなさを感じてもおかしくない作品だと思いました。
突っ込みを入れたくなる観客は、大人なんだろうなあ・・・と思います。

たぶん、人間、生まれたときは、みんな自分の欲求がままに動いていたはずです。
それがなんだか、物心ついたときから動く前に考えるようになり、知恵がつき、積み重ねていく経験によって想いを素直に表現出来なくなっていく・・・、そういったことを自覚せず見るとこのアニメーションは、つまらなく思える気がします。

その上で、どうだったかというと・・・
やはり、私は何度観ても飽きないキューブリックの映画が好きだし、アニメーションでどうだと質問されると、「頭山」の方が印象深いし、じゃあ、宮崎駿の作品の中では?とたずねられれば、何度か見ないとわからない・・・すぐに結論出したくない逃げの作品です。
つまり、駄作ではないけど、秀作だと言い切るほどのものではないと思いました。

前作同様、恋をしていると、この作品は感動できると思います。
いいですよねぇ、恋は盲目ですもん。
その盲目さ、他人から見たら笑える馬鹿さ加減、大好きです。
因みに、私は人前でベタベタしている人間は嫌いではありません。
だって、幸せじゃないですかー、それってw

テーマ:崖の上のポニョ - ジャンル:映画

[2008/07/31 19:22] | 東京 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<フルーツグラノーラと冷凍フルーツで朝ごはん | ホーム | 飲料メーカーのキャンペーン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://5han.blog62.fc2.com/tb.php/1153-3b74f2d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
おっと、こんな時間ダヨ!

最近のエントリ

過去ログ

読み返したいMyエントリー

カテゴリー

プロフィール

婆や

Author:婆や

ブログ検索

Blog更新率