クレジットカード
hari ini
di rumah
2009年 本 10冊
今年は自己啓発書を多く読んだ年でした。
そしてここ5年の間で1番多く本を購入しました。
それらのほとんどは仕事関連のものばかりで、新刊で図書館にはなく、わたしにとっては辞書のような存在で下記の10冊のうちには入っていません。
ここの10冊は、何度も読み返す可能性が強いもので、新品で購入3冊、中古で購入4冊、残りもそのうち購入する(既に2冊中古で注文済み)つもりです。

小説も何冊か手をつけましたが、返却するまでに読み終えることが出来ませんでした。
今の自分が欲しているものを書く作家さんには出会えずじまいでした。

脳が教える! 1つの習慣一歩一歩は小さくても、確実に行動し、習慣にすれば、やがて大きな目標に到達できるということを教えてくれる、私の勇気づけの本です。
読んだ章の最終ページには、書き出す項目が書かれており、昨年読んだ『Live Hacks』と同じで親しみやすい実践本です。
「マインドスカルプチャー」「小さな瞬間」を見落とさずに楽しむということ、など、間をおいて、これからも再読する本です。


頭のいい段取りの技術この本を読んではじめてクリティカルパスの存在を知りました。。
ギリギリ、きわどいパス(道順)をスケジュール管理の上でもっとも重点に監視、監督しなければならないというパスの見つけ方が書かれています。
段取りの科学と呼ばれている「PERT」という学問があり、物事の行程管理の科学、米軍が第二次世界大戦中に公安した軍事戦略が産業界で使われるようになり、その基本がクリティカルパスのようです。
使える時があれば、使いたいと思い時々読み返しています。


LIVE HACKS! [ライブハックス!]昨年見つけた本ですが、今年も繰り返し読みました。
(この本に関しては既に書いているので以下省略)



佐藤可士和の超整理術「空間」「情報」「思考」の整理の仕方が書かれています。
(この本に関しては既に書いているので以下省略)



さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすこの本、家に2冊あります。
1冊につきカバーに1つ番号があり、それを使ってネット上でテストを受けたところ、34タイプある中の強み5つの内の2つが夫婦で同じ強みを持っていることがわかりました。
また、お互い真逆の組み合わせの強みもあることを知りました。
(この本に関しては既に書いているので以下省略)



7つの習慣―成功には原則があった!厚い本でなかなか読む気になりませんが、読めば、ずしりとこたえる自己啓発書の定番中の定番です。
(この本に関してはすべてを読んでいませんが、ポツリポツリと感想を書いています。以下省略)



「わたしと仕事、どっちが大事?」はなぜ間違いか―弁護士が教える論理的な話し方の技術旦那が仕事でほれこんだ弁護士さんの話をよくするので、弁護士という職業が気になるようになりました。
ちょうど自分が下手な文章しか書けないと思っていたのもあって、本を知ったとき図書館で借り、読んでこれは手元に欲しいと思った1冊です。

この本には、最終的に人間は感情で動くので、相手の自尊心を傷つけてはいけないということを前提に論理的に話さなければ意味がないと書かれています。



15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?面白かったです。
この本でマイクロファイナンスというものが少しわかりました。
理系をめざす友人の息子にもすすめ、無理矢理読ませました(笑)



餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?中身は会計の本です。



世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく問題を分解、分析し、解決策を見いだす方法が書かれています。



昨年と今年で、自分のバイブル的な自己啓発書はそろった気がします。
来年は、今以上に自分の好きなものを追い求めていきます。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

[2009/12/30 23:58] | からだ・きもち |
おっと、こんな時間ダヨ!

最近のエントリ

過去ログ

読み返したいMyエントリー

カテゴリー

プロフィール

婆や

Author:婆や

ブログ検索

Blog更新率