クレジットカード
hari ini
di rumah
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
心理学セミナーも行くべきなのだろうか....
こんばんは、きょうもお疲れさまです。

ここずっとめいっぱい、やりつくしているにもかかわらず・・・
うまくいっているようで、うまくいかないこともあり・・・
複雑な心境です。

きょうは、お金に関するセミナーに行きました。
今回は、証券会社とか、銀行とか、全く関わっていない、協賛がないところのです。
だから、セールスされることはありません。
お金に関して純粋に学べましたし、これからも学んでいきたいと思うセミナーでした。

さて、少し話は飛ぶのですが・・・
凹みはしませんが、どうもコミュニケーションがうまくいかない・・・人がいました。
うまくいかなくなったというか、毎日考えているにも関わらず、どうも・・・駄目なんです。
どんどん駄目になる。
もしかしたら、わたしには、障害があるのか?とも考えたりするのですが、10年くらい前、神経科に通ったときには、完全否定されているので、そういった問題ではないとは思うのです。

何か理由はあるはずで、その理由を見つける。
そして、解決に至らなくても、修正部分があれば修正できるよう第三者に教えをこうことかなと思いました。
ということで、机上では、どうにもならないので、心理学の専門家についてカウンセリングを受けるなり、セミナーに出席するなりして解明すべきなのか、少し迷っています。

で、ここからは、覚書として・・・(心理学サイトから)
参照:本当に伝えたいことは何?~自分の本音を伝えるコミュニケーション術~&10年前と少し以前と比べての自分

●自分の心を隠してしまう訳
・罪悪感があれば、ウソをつく
・相手に嫌われるのが怖ければ、相手に合わせた返事ばかり。
・相手に怒りを感じていれば、わざと捻くれたことを言う。
→白黒ハッキリさせようとすると混乱し、それが折り重なって本音を隠す。

●自分の本音を探すエクササイズ
・その人宛の手紙を手書きで書く、それをじっと見て書き直すことを数回する。そして、“言葉を磨いていく”。

●どうして伝えられないんだろう?
・自分と相手へ向ける意識のバランスが難しい。
・自分よりも相手に意識を置きすぎている場合が圧倒的に多い。(確かにその通りだわ)
・要は気をつかいすぎで、自分の感情(気持ち)よりも、思考(どんな言葉がその場に適当か?)の方にエネルギーが取られ、結果的に自分が伝えたいことは言葉にならなくなる。

●自分の気持ちを受け入れることが大切
・自分の気持ちに素直になる
・気持ちの整理がつかず、自分が何を感じているのか?何を思っているのか?が分からなくなっている。
・ついつい言葉選びにばかり意識を向け、出てくる言葉が心とは裏腹なものになる。
・言葉ばかりに気を取られて感情を疎かにすると、本当に伝えたいことはほとんど相手に通じなくなる。
・相手に後ろめたい気持ち(罪悪感)や嫌われる怖れなどがあったりすると、素直になりにくい。
・だから、嘘を付いてしまったり、その場限りを丸く治めようとして繕ってしまったりする。
・自分の中にある罪悪感を感じてる、恐れを感じてる、ということをきちんと認める。
・普段から自分の心を見つめる時間をきちんと作ると素直になれる。(そのつもりだけどなぁ・・・)

●まずは「自分」、続いて「相手」というバランス感覚
・自分の心に意識が向けられるようになると、コミュニケーションの場でもだんだんズレが無くなある
・相手がいると、自分の心が揺らぐが、相手の存在や態度、言葉に揺れない状況を作るには、「一人反省会」を開催することで、それを多少は補うことができる。(今してる)
・後悔しすぎて、自分を責めてしまうと何も意味はなくなる。
・後悔するくらいのメッセージならば、メールなり、電話なりで、「あの時、本当はこう言いたかったの」って後でフォローしておくこともできる。
・不必要なプライドは出来るだけ早く手放してしまうのも大切なアプローチ(謝ったが・・・)
・空想ではなくて、声に出すことが大切(今してます)

●“伝える”と“伝わる”は別モノ
・注意!!!伝えたいことを伝えることと、それが相手に伝わることとは別もの
・メールとか文字情報の場合は尚更難しい。多々有る誤解。
・相手には相手の言葉がある、という認識がここでは大切。
・相手には相手の解釈がある。
・だから、その相手のことをきちんと知ろうとすることがとても大切。

幽体離脱してしまう人(相手のことを考えすぎる人)は、これを先にやろうとしてしまうからなんですけど、自分の気持ちに意識を向けることができると、案外、相手のわかりやすい言葉を見つけることが容易になりやすい。
何故かというと、自分の心に意識を向けられている分、相手の反応をきちんと受け止めやすいからです。
相手が自分の言葉を理解できたかどうかというのは、相手の反応のニュアンスで分かります。
「まずは自分、次に相手」という思い切った意識改革が大切です。

---&10年前と少し以前と比べての自分

10年前は、全く自分を見失ってしまっていました。
気に入られようとしていましたが、今回は、それはありません。
これは、10年間の大きな進歩だと思います。

そのせいもあってか、それとも今調子が良いせいか?凹みませんし、落ち込みません。
落ち込んでいたら、少し以前のようにブログが書けなかったり、閉鎖しようかとしたかもしれません。
以前のように罪悪感を感じないのは、たぶん、ダイレクトじゃないからだと思います。
以前もダイレクトではありませんでしたが、心理学を少し勉強して変わりました。

欲をいえば、ダイレクトにメールして欲しかったです。
でも、その気にならないのは、相手の性質かもしれないし、もう関わりたくないという意思表示かもしれません。
今回わたしは、逃げないと決めていたので、後悔はありません。
また、いつでもOK そんな感じでいます。

[2013/08/11 23:58] | からだ・きもち |
おっと、こんな時間ダヨ!

最近のエントリ

過去ログ

読み返したいMyエントリー

カテゴリー

プロフィール

婆や

Author:婆や

ブログ検索

Blog更新率

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。