クレジットカード
hari ini
di rumah
この夏、なんでタフなのか?
こんばんは、きょうもお疲れさまです。

昨夜の東京は、最低気温が30℃だったとか・・・
でも、うちの地域は、午後から土砂降りで夜はさほど暑くなかったようです。
ちなみに、朝も庭の土がぬれたままでした。
そして夕方も雷と雨が降りました。

この夏、運がいいだけなのか?
わたしは、とてもタフです。
毎年7月の中頃から冷たいものばかり食べていたりして、例年今ごろはバテバテです。
しかし、今年はまだ素麺を一度も食べてません。
そばも温蕎麦ばかり食べています。
さすがに冷やし中華は好きなので食べてはいましたが...。

で、なんで、こうもタフなのか?
考えられることを並べてみると・・・
1)忙しすぎる
2)春からフィットネスをしてからだを動かしていたから?
3)朝ごはん、クラッカー&サーモン&チーズ のメニューが功を奏している?
4)薬を減らしたが、その効果が持続している?

自分では、(2)と(3)が、いつもの年と違っているので、当てはまる気がしています。
特に朝食のメニューとしては、サーモンもチーズも塩分たっぷりです。
体力的には、OKなのですが・・・
精神的には、昨日の心理学からすると、心を落ち着かせ、自分の気持ちを冷静に感じる余裕がない気がします。
現在、コミュニケーションに障害があるので、何とかしたいなという気持ちはあるのですが・・・

まとまらないなぁ。

---
ちょっと面白かった記事:勇気と活力が湧く「心の科学」【1】(参照)

「過去は過ぎ去ったものであり、もう存在しない。未来はまだ現れていないのだからわからない。過去の栄光を追ったり失敗を悔いたりしても意味がない、未来について心配しても仕方ないし、何かを願っても期待どおりにはならない。

過去や未来に囚われず、いま何が起こっているかを正しく観察し、動じることなく、怠らず、いまこの瞬間に行うべきことを実践しなさい。そうすれば心を煩わされることなく、解放された心で生きていられます」

これが「日々是好日」です。


「本当の宝物は知恵である」。

知恵をもっている人は、世界を偏見なしに、軽々と面白がってとらえます。ところが、この知恵を妨げるのが「感情の毒」なのです。怒りや見栄、エゴ、嫉妬など感情のウイルスに汚染されると、脳がうまく活動しません。あれやこれやとややこしく考えてしまうのは、感情のために脳の活動がストップしてしまっている証拠です。

知恵をもっている人は、性格も謙虚になり、物事をシンプルに思考します。たとえば仕事で自分の提案がうまく採用されなかったり、あるいは仕事でミスをしてしまった場合。どうしても自分の面子や感情が入ってしまうかもしれません。しかし「まずいッ」という悔いや焦りが入り込むと、問題はかえってこじれ、うまくいかなくなる可能性が大きくなるのです。
[2013/08/12 21:00] | からだ・きもち |
おっと、こんな時間ダヨ!

最近のエントリ

過去ログ

読み返したいMyエントリー

カテゴリー

プロフィール

婆や

Author:婆や

ブログ検索

Blog更新率