クレジットカード
hari ini
di rumah
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
家族で台湾へ行ってわかったこと / 時間割引率
こんばんは、きょうもお疲れさまです。

13~15日に家族で台北に行ったんですけど・・・
家族で行かなきゃよかった・・・と思いました。
というのも、ダンナとこどもは、
海外に全く興味がないのです。

前々から書いていますが、
うちの家族は三者三様で、
好みも感じ方も大きく差があって、
それで行動をともにするというと
当たり前のことですが、ストレスがあるんです。

なので、やはり、海外旅行は、これからはわたし一人か、
もしくは、わたしが友達と旅行するということを
帰りのNEXの中で確認しあったのでした。

さて、アジアのトイレ事情になじめないダンナは、
帰宅するすると途端にからだが反応し、
便秘が解消。

こどもは、台北にいるときから帰りのNEXの話ばかり。
だから、日本に帰国すると大喜びで乗車して
窓の外を眺めていました。

---
以下参照:オイコノミヤ 「あたまの中の経済学!?」(後編)

脳内のセロトニン(たんぱく質、豆腐、牛乳、バナナなどに多く含まれる、トリプトファンから体内で生成される)が不足しえいるとき重要な意思決定をすると、目先の利益を追求しがちになり、将来にわたる正しい判断ができない・・・かもしれない。

ドーパミン 楽しくなると感じる → ドーパミンの放出が増える → 将来のことを考える脳のエリアが活発になる、せっかちでなくなる(時間割引率が低くなる)


以下参照:ひとはなぜ後悔するのか〜時間割引率の行動経済学〜

時間割引率が高い人は将来の価値を過小評価し、多重債務や肥満になると考えられている。
時間割引率が高い人ほど、後悔しやすい。
[2013/08/15 18:20] | からだ・きもち |
おっと、こんな時間ダヨ!

最近のエントリ

過去ログ

読み返したいMyエントリー

カテゴリー

プロフィール

婆や

Author:婆や

ブログ検索

Blog更新率

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。